審査の気になる点を解明≪キャッシングのコツを伝授≫

借金総額の規制

借金総額の規制

急な出費の時にとても便利で手助けとなってくれるのがキャッシングというサービスです。これは、簡単な手続きで自分の収入を加味した金額を融資してもらえるサービスの総称をさします。現在日本には、そういったサービスを展開している会社がいくつもあります。

 

それぞれ、様々な特徴がありユーザーは自分の需要にあった会社を選択する必要があります。しかし、キャッシングを利用するにおいて重要な項目となるのが、総量規制です。これは自分の年収の3分の1までしか融資を受けることができないという法律で決まっている事項です。

 

そしてこれは、他の金融会社から融資を受けている場合、その合算値になってしまうのも注意点の一つです。例えば年収900万円の人が融資を受けることができる金額は300万円までです。しかし、すでにA社から100万円融資を受けている場合、法律上残りの上限額は200万円となります。

 

これは、同じA社から借りる場合もですが、新たにB社から融資を受ける場合も200万までとなってしまいます。

 

総量規制は自分が過剰に融資してしまわないという意味では非常に有効な法律であるといえます。しかし、急な出費が重なってしまった場合、追加の融資が難しくなってしまう問題もあります。融資を受けるときはこの事を考えながらしなければいけません。

 

一応は銀行であればソニー銀行カードローンの限度額のように年収に対する制限が設けられてはいませんが、審査の際には年収と借り入れの総額は当然ながら確認がされるので、銀行であれば必ずしも大きな金額が借りられるといったわけではないのです。