審査の気になる点を解明≪キャッシングのコツを伝授≫

金利設定はばらばら

金利設定はばらばら

金融機関各社のキャッシングの金利は、金融機関により異なります。基本的に、借りる額によって金利は変動します。キャッシング額が高いほど金利は低くなり、額が低いほど、金利は高くなります。これはほぼ固定された金利に関する概念です。

 

ですが、金融機関によっては、金利0円キャンペーンなどを実施しており、1か月限定などで、返済日までの金利が無料になるというものであり、1か月を過ぎると、返済日までの金利がかかるシステムになっています。

 

また、各社の平均金利についてですが、最大を17%から18%とする会社の他、最大を14.5%する会社もあります。最小は基本3%台から5%台に設定されているところがほとんどです。上記のように金利は、借りる額によって異なります。ですから、借りる額が低いほど先述したような最大金利の18%を支払う必要がある場合もあります。

 

逆に借りる額が高いほど、18%になることはありません。また、返済日よりも早めに返済した場合、予定されている利息よりも低くなることもあります。その場合、支払う額も低くなるということです。全ての金融機関で行われているとは言えませんが、そのようなシステムになっている金融機関もあります。